肌トラブル ニキビ

ニキビはホルモンバランスの関係で皮脂が活発化する、思春期ニキビと、皮脂の分泌がそれほど活発でないのにできる大人ニキビがあります。

大人のニキビの特徴としては、大体決まった場所にできることがあげられます。

ニキビは皮脂が詰まることによっておこりることは御承知かと思います。

通常、皮脂が分泌され毛穴を通るときに、良く育った角質ならば、肌は柔らかく毛穴は常に閉じた状態で、いくら皮脂が分泌されても、

詰まることがなく押し出されますが、成熟していない細胞が硬い角質となり、特に毛穴の出口付近が固くなった悪循環のターンオーバーになってしまうと皮脂が詰まりニキビとなります。


このような肌の未熟化は肌細胞に育つ時間が与えられないのが原因で、角質が育つ前に次々と剥がれていく状態になっているからです。


外部からのバリアーとなる働きを持つ角質が次々と剥がれていってしまえば、分泌された皮脂が十分に育ってなくても、早く角化させて角質として送り出さないと、肌が守れない状態に追い込まれてしまうからです。

ところがこのようにして送り出された未熟な角質はすぐに傷み、剥がれてしまい、また未熟な細胞が角化せざるを得ません。

このように悪循環が続きやすいのです。


炎症を起こすニキビの話になると、よく聞くのがアクネ菌です。

しかし、アクネ菌がニキビを直接造るわけではなく、赤く炎症を起こす赤ニキビの基は、

皮脂が詰まった状態の白いニキビの状態で、皮脂が大好きなアクネ菌が増殖し、アクネ菌に抵抗する細胞が反応して赤く炎症するわけです。
このガジェットでエラーが発生しました