睡眠不足は様々な影響があります

睡眠不足の影響は、様々な場面で出てきます。

たとえば、重要な会議中なのにも関わらず欠伸をしてしまって周囲にひんしゅくをかってしまったという悪影響を受けた方もいるでしょう。

また、仕事中についつい居眠りをしてしまう、仕事に集中できないということも睡眠不足が影響している場合が多いようです。

子供の場合、深夜まで頑張って受験勉強をしたので睡眠不足になってしまって悪影響を引き起こしているということも考えられると思います。

それが影響して授業中に居眠りをしてしまう、授業に集中できない、先生の話をきちんと聞けないといったことが考えられるので、勉強に影響が出てきます。

睡眠不足は普段の生活の中で様々な悪影響を及ぼしてしまいますから、これを解消しなければ、健やかな毎日を送るというのは難しいかもしれません。

そして、肌荒れ、イライラといった美容や健康面にも影響してくる場合があるでしょう。

そのような悪影響を防ぐためには、睡眠時間をしっかりと確保するということが重要になると思います。

自分は6時間眠らないと体調不良になるということが分かっているのであれば、しっかりと6時間の睡眠をとれば悪影響を受けずに済むでしょう。

ただ、どんなに6時間の睡眠時間を確保して睡眠不足の悪影響を受けないようにしようと思っても、なかなかそれが実現できないのが現状かもしれません。

深夜までの残業があったり、お付き合いでどうしても明け方まで呑んでしまって睡眠不足になってしまい、翌日悪影響が出てしまったということもあるでしょう。

どうしようもなく睡眠不足になってしまって悪影響が出てしまうことも多いと思いますから、そのようなときは快眠グッズを活用してみてはいかがでしょうか。

快眠グッズには布団や枕などがあり、睡眠不足を解消するのに大変効果があるようです。

ですから、自分が快適に深く眠って睡眠不足を解消するために、快眠グッズを効果的に活用すると良いと思います。

そもそも睡眠不足とは何でしょう

睡眠不足とは眠る時間が充分に確保できなくて、寝不足と感じることのようです。

ですから、明け方ぐらいまで飲んでいて、出勤のために起きるといった場合、睡眠不足だと感じる人もいるでしょう。

また、深夜のテレビ番組やゲームに熱中してしまい、気付いたら外が明るくなっていて、数時間しか眠れなかったという状態でもなると思います。

不眠という言葉がありますが、睡眠不足と不眠は異なります。

不眠は眠りたいのだけれども眠れないという状態のことのようで、睡眠不足は眠いけれども布団に入れずに眠れなかったという状態のことをいいます。

ですから、睡眠不足を解消するためには、眠いと思ったら布団に入って眠るということになると思います。

ただ、現代では、どんなに眠くても眠ることを許されないといったような、そんな状況に出くわすことも多くあり、解消できないと感じている人も多いようです。

夜遅くまで残業したり、夜勤が入ってくると、簡単に睡眠不足になってしまうでしょう。

解消する方法としては、先ずは自分がどれだけの睡眠時間を確保すれば翌朝すっきりと目覚めることができるのかを把握しておくということを挙げることができるでしょう。

6時間寝ないと翌朝眠いと感じるのであれば、6時間の睡眠時間を確保すれば、睡眠不足にならないと思いますし、6時間寝ないと翌朝眠いと感じる人が、テレビ番組やゲームに夢中になったり、明け方まで呑んでいて3時間程度しか眠れなかったといった場合は睡眠不足になるでしょう。

また、体調を崩したり、肌荒れを起こす人もいるようです。

ですから、できるだけ睡眠不足にはならないように、自分の睡眠時間を把握して、しっかりと布団に入るようにしましょう。

充分な睡眠時間を確保できない場合は短時間で深く眠るということを意識して解消するようにすると良いと思います。

また、自分にぴったりかもしれないと思う快眠グッズを見つけて解消するのも良いと思います。

睡眠不足を解消できるグッズには、アロマオイルや枕といったものがあるようです。

手軽に使える快眠グッズを活用して睡眠不足を解消し、すっきりとした毎日を送るようにしましょう。

これからの寒い冬でも熟睡(その2)

熟睡できた朝はすっきり起きることができます。

さらに、寒い冬でも起きやすい環境を作ることで、朝が苦手の方でも、たいした努力をせずに布団から出やすくなります。

朝は目が覚めたら、すぐに明るい光を浴びるようにします。
強い光は、最もの目覚まし効果があるからです。
もちろん太陽の光を直接浴びるのが一番いいのですが、日の出の時刻が遅い、あるいは曇り等の日は、部屋の照明だけでもパッと全灯にしましょう。

夜に明るい光を浴びると、睡眠ホルモン・メラトニンが減ってしまいます。
夕食以降は、少し暗めの白熱灯の下で過ごすと、自然に眠気が催されます。

テレビやパソコンも、寝床に入る1時間位前には切り上げてしまいましょう。
眠るときは暗いほうがよく眠れますが、暗闇が不安な人は、豆電球を点けておきましょう。

低血圧や低体温の人は、朝、布団を出なければいけないことが分かっていても、体が言うことを聞いてくれないものです。

そんなときは、布団の中で寝転んだまま、等尺性運動をしてみましょう。

まず、6~10秒間、全身に力を入れ、次に同じく6~10秒間、完全に力を抜きます。これを3セットもすれば、血圧と体温が適度に上がってきます。

荒業として、あの明治の英雄、西郷隆盛さんも行っていた方法だそうですが、起きなければならない時間がきたら、掛け布団や毛布を足元まで蹴飛ばしてしまうのです。

こうすれば寒くて寝ていられなくなり、イヤでも眼が覚めます。
ただし、高血圧や心臓病などがある人は、決してしてはいけません。
このガジェットでエラーが発生しました