肌トラブル 脂性肌

なぜ、顔だけ脂っぽいのかな?

特に体は脂っぽくないのに、おかしいなぁ?

と思ったら、それは造られた脂性肌です。

ご自身のスキンケアの仕方に問題があり、それが原因で、顔だけ脂性となってしまっているのですよ。


新陳代謝の仕組みであるターンオ-バーは、表皮細胞が造られ、肌の外へと分泌されていきます。

それがやがて成熟した角質となり肌を守り、新しく造られた角質に押し出され、アカとなって剥がれていくという理想の仕組みがあるのですが、

ゴシゴシ洗わなくても、必要以上の過剰な洗顔などで、本来、肌を外部から守る必要な角質を剥がしてしまい、

ターンオーバーが早いサイクルで行われると、保湿力のない未熟な角質ができるため、外部からの刺激に抵抗力がなくなります。


それを補うためにさらに未熟な角質が造られ、皮脂を過剰に分泌し、これが繰り返されることによって脂性肌となっていくのです。


本来、角質が育つのに必要な時間が与えられないわけですから、未熟なままの角質として完成しなければならないわけです。

弱いはずですよね。


ちなみに紫外線防止には都合がいい、汗での化粧崩れ防止機能、紫外線防止機能を低下させないような耐水機能を強化したUVケア製品がありますが、

使用を継続すると肌乾燥が進行し、肌細胞の未熟化が進行します。


それによって、脂性肌なのに、乾燥肌となる、両方あわせもった肌トラブルへと進みますので気をつけてください。

肌トラブル 乾燥肌

肌が乾燥してくると、ただ単に乾燥肌というだけでは済まされなくなり、あらゆる肌トラブルへと発展します。


・毛穴の開き、黒ずみ

乾燥により、毛穴周辺の角質が縮んで硬くなり、毛穴が開き、そこに皮質が詰まり酸化して黒ずみとなってしまいます。


・硬くなる

ツルツル、すべすべ、モチモチ感がなくなり、カサカサした感じで、肌に触ると硬い感触となる。


・ニキビ

毛穴の出口が硬くなり、皮脂が詰まり押し出されなくなるため、ニキビとなる。


・肌荒れ

粉が吹いたり、皮が剥けたりする。角質が大きな塊で剥がれかけた状態で、細胞が十分成熟してない状態が進行したもの。


これらの状態が続いていると、さらに、

・敏感肌状態となり、

顔が強くつっぱっる。

顔が常に赤い状態になる。

炎症、かぶれ。

化粧品で刺激を感じる。

シミが出てくる。

など、あらゆる肌トラブルに繋がって、肌が老化していく三大ダメージの一つとなっていきます。


肌の角質層は常に微量な汗(水分)を出し、それが潤いとなり、分泌された皮脂により、乾燥から肌を守ってくれています。


しかし、外気だけでなく室内におけるエアコンなどで、異常な乾燥環境となっていますから、肌にとっては一年中、乾燥と戦わなくてはなりません。

肌トラブル 毛穴の悩み

肌トラブルの中でも、毛穴についての悩みを持っている方が、非常に多いとのアンケート結果があります。

どうすれば毛穴が目立たなくなるのでしょう。


毛穴に悩みで主なものは、「開いている」、「黒ずんでいる」、「詰まっている」、「粗くなっている」などです。


毛穴は本来閉じているものなのですが、スキンケアを怠ったりすることで、肌の細胞が痩せて毛穴の周りが開いて、キメが粗くなっていきます。


実は毛穴が開いているわけではなく、本当は窪みとなっているのですが、そこへ皮脂が詰まり、汚れが付きやすくなり、皮脂の汚れがやがて酸化し黒ずんで来るのです。


これは、育ちが悪い未熟な細胞が原因なのですが、それが分かっていても多くの方が悩まれるのは、せっかく誕生した表皮細胞がしっかりと育つ前に、角化し角質として育ちが完成してしまうターンオーバーが繰り返されているのです。

つまり、未熟な角質のターンオーバーです。


つまり、育つ前の角質が早く剥がれ落ちていくため、十分に育っていない表皮の細胞が、次から次へとバリヤーとして働かなければならない悪循環の状況になるのです。


ということは、角質をしっかり育てることが毛穴トラブルの解決策となります。

しみを取り除き美肌を取り戻す

肌のしみは女性にとってはとても気になることと思います。中には男性も気になる方もいるでしょう。
気をつけていてもしみが出来てしまったら取り除かなければ消えません。たとえメークで隠したとしても根本的には解決しません。

しみの原因としては、紫外線、加齢、そしてホルモンバランスによるものが挙げられます。ご自身でよく考え、シミのタイプを知ることで、効率よくしみ取りをすることができると思います。

加齢が原因でできるしみは、紫外線を浴びると一層濃くなり、脂漏性角化症になってしまうことがあるようです。加齢が原因の場合は、美白化粧水でケアをすると良いようです。また、クリニックでレーザー治療をする方法もあります。ただし、当然費用がかかることですし、大きさ等から費用も違ってきますから初めによく相談してからの方が良いでしょう。
また、加齢によるしみにはピーリングでも効果があります。
ピーリングとは肌表面にある古い角質を削り取り、新しい角質へと生まれ変わらせる方法のことで、しみだけではなく、小じわにも効果がありますからアンチエイジング効果が期待できます。

シミには、肝斑と呼ばれるものもあり、顔の左右対称にあるしみのことで、肝斑の場合は一般的なしみ取りと方法が異なってきます。
肝斑には薬が有効で、ビタミンCやビタミンEといった内服薬が効果を発揮してくれるようです。

しみ取りの化粧品としてハイドロキノン配合のものが効果があります。ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれるほど、しみ取りには効果を発揮してくれますから評判も良いようです。シミの原因となるメラニン色素が肌内で作られるのを妨ぐ効果があるからです。ビタミンCもしみには効果があることは知られていますが、それよりも効果が得られると評価されています。
ただし、ハイドロキノンは効果が高い分、塗った部分が白くなりすぎるなど、使用方法を誤ると肌に色ムラができてしまうようですから、使用上の注意事項を守り、安心して使用できる化粧品を探すようにしましょう。

ぽっこりお腹の解消方法

ぽっこりお腹とはお腹がぽっこり出てしまうことを言うようですが、人によってお腹の出方は違います。

胃のあたりから下腹部にかけて出ている人もいれば、下腹部だけが出ている人もいます。
せめて下腹部だけでも解消できればワンサイズどころかツーサイズダウンのジーンズも履けるようになります。しかし、一番脂肪が付きやすい下腹部のぽっこりを解消するのに苦労するようですね。

ぽっこりお腹の解消法は様々で、ウォーキングやジョキング、コアリズムやビリーズブートキャンプといったDVDを見ながらの運動、骨盤矯正によるもの、機具を使う方法、食材や食事で行う方法やサプリメントによるもの。また、自身の摂取したカロリーを記録して行うレコーディング方法。

このように現代は飽食、運動不足、ストレス等でぽっこりお腹に悩んでいる方がたいへん多く、長寿社会も何れ崩壊し、短命の時代も来るのではないかと思うほどです。
だから様々なダイエット方法が紹介されるのではないでしょうか。

先ずは原因を探ることから始めることが大切です。
原因が分かってこそご自身に合ったぽっこりお腹の解消方法が見つかるからです。

便秘が原因の人は排泄のメカニズムがうまく働いていない、運動不足、食事、生活習慣の乱れ、ストレスなどがあります。
便意の我慢を続けると直腸の感覚が鈍りますし、運動不足では腹筋が弱くなるため腹圧がかからなくなり、に刺激が加わりにくくなります。
野菜を摂取しない、水をあまり飲まない、朝食をとらない、食事の量が少ない、食事の時間が不規則なども当然便秘となりやすいです。
また、ストレスでは自律神経が乱れるため腸の働きに影響します。

中には便秘が続くと牛乳にきな粉を混ぜて飲む「きな粉牛乳」でスッキリ便秘を改善される方もみえます。また、「寒天」を食べることで瞬く間に便通が改善される方もみえます。
また、漢方で体質を改善し、消化器系を本来の働きに戻すことで便秘を改善する方法もあります。

このように色々な方法を試してみてもなかなか便秘が改善されないのに、ある方法を試した途端に見事便秘が解消されることがあるのです。

ところがようやく便秘が改善したにも関わらず、ポッコリお腹は何となく改善したにも関わらず、ウエスト自体一向にスリムにならないことも多いようです。
その一つに骨盤の歪みや開きが原因で内臓が本来の位置に収まらず、下腹部に下がってしまう場合です。

骨盤の歪みには矯正すれば改善されます。
骨盤を矯正すれば内蔵の位置が元に戻り、ぽっこりお腹の解消だけでなく、スリムなウエストを取り戻すことが可能となります。
また、骨盤の矯正は単にぽっこりお腹や気になるウエスト周りの原因を取り除くだけでなく、腰痛の改善にも効果を発揮します。
忙しい方も時間を見つけて骨盤矯正を行うよう心がけるべきではないでしょうか。
骨盤矯正ができると大変な人気を集めているグッズに、骨盤ウォーカーベルトがあるようです。
骨盤ウォーカーベルトは骨盤部分に巻いて歩くだけで骨盤矯正ができるという優れものです。
使い方が大変簡単ですし、巻いて歩くだけですから、忙しい方でも常に巻いておくだけでぽっこりお腹の解消や気になるウエスト周りのスリム化を図ることができるのではないでしょうか。

エクササイズによってぽっこりお腹を解消することができれば、お腹だけでなく、気になる二の腕や太ももも細くできる可能性も高いと思います。
エクササイズで有名なのはコアリズムで、あるお笑いタレントの方もこれでダイエットに成功しました。コアな部分の筋肉を鍛え、刺激することで太りにくい体質にすることはもちろん、健康的な身体を手に入れることができます。
ただしコアリズム等、エクササイズでぽっこりお腹を改善するには3日や4日では効果は期待できません。むしろ太りにくい体質改善をも目的とした方法は時間を掛けて行うことが重要です。
たとえば椅子に座った状態で上半身を左右に振ることを繰りかす等、日頃から出来ることを心がけましょう。

また、エクササイズと併用しストレッチにより基礎代謝をある程度アップすることができます。そもそも、これまで同じ量の食事をしているにも関わらずぽっこりお腹となった場合は、基礎代謝が低下しているためです。摂取したカロリーに対し、消費するカロリーが多くなっているからです。
関節もほったらかしにしておけば、徐々に加齢に並行し堅くなってきます。ストレッチに時間を掛けることで基礎代謝は活発化します。
忙しく時間の取れない方は、日常の中で、ほんの少しの時間の合間にでも15秒から20秒掛け関節を伸ばし柔らかくすることで、いつの間にか基礎代謝がアップし太りにくい身体へと変化していきます。ぜひ試してみましょう。

大豆イソフラボンの効果と影響

大豆イソフラボンというのは、読んで字のごとく大豆のイソフラボンのことです。
主に大豆の胚芽に多く含まれているフラボノイドの一種のため大豆イソフラボンといわれていて、大豆発酵食品である味噌や納豆などに多く含まれています。

日本では昔から大豆は体にいいと言われ好まれて来ましたが、健康ブームも相まって近年注目されています。
どうしても大豆を沢山食べなければならないという訳ではないんですが、豆腐や納豆などの大豆製品は比較的日本ではなじみがあり、摂取しやすいですよね。
特に日本人は、お味噌汁を摂取する習慣がありますからイソフラボンの中でも大豆イソフラボンはなじみも深いんだと思います。
アメリカでも医学的にも美容的にも、女性ホルモンとの関係に早くから着目されて来たようです。

ただし、大豆イソフラボンでも単なる大豆イソフラボンとアグリコン型大豆イソフラボンというのがあり、体内に吸収されやすいのはアグリコン型です。
だいたいの大豆加工食品に含まれているのはただの大豆イソフラボンで、アグリコン型ではないのですが、分解にある程度時間がかかるだけで、身体のとっては十分な栄養分にはなりますから、毎日大豆食品を食べていれば、コンスタントに吸収出来ることは間違いありません。

もし、即効性のあるアグリコン型を摂取したいのであれば、一般的には大豆加工食品である、おなじみの、お味噌なんですが、一日に必要な量を、お味噌汁だけで補おうとすると何杯も飲まなければいけません。そうなると今度は塩分の取りすぎという問題が出てきます。

これらのことを考えると当たり前ですが、日ごろの食生活から健康を管理するのって結構気を使うものですね。
そうなると、他の方法で大豆イソフラボンを摂取しなければと思い、サプリメントに頼る方が多いみたいなんです。

通常の大豆食品から摂取してもよいイソフラボンの量は70グラム程度で、納豆1パックには30グラム程度が含まれているようです。
ただ、納豆に含まれているのはアグリコン型ではありませんから、食べても効くのは翌日位になりますが、納豆はよく練って、しっかりと粘り気を出してから、20分ほど置いておくと吸収されやすくなるそうです。
ということは、食事の準備をするときは、納豆をあらかじめ練ってから他のおかずを作るのがポイントとなりますね。

ただ、いくら身体に良いからといっても食べすぎには注意が必要です。
1日の摂取量は男性なら70グラムまでくらいなら問題ありませんが、女性の場合、ホルモンとの関係から閉経前の方は50グラム程度までで、閉経後の方なら男性と同じ70グラムまでは摂取可能とされていますから、摂取量にも気を使わなければなりませんね。

ちなみに大豆イソフラボンが豊富に含まれている代表は豆乳ですが、豆乳が苦手という方が摂取する目的にサプリメントを飲まれるるようです。
また、黄な粉の中にも結構入っているようですからおすすめです。

豆腐やおから、納豆などは非常にリーズナブルでヘルシーな食品ですから、美容や健康面からは食生活を変える必要があるのではないでしょうか。

現在は15種類ほどの大豆イソフラボンが出回っているそうですが、全ての大豆食品に全ての大豆イソフラボンが含まれているという訳ではないのです。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと深い関わりを持っていると言われていますから、更年期障害にも関係してきます。
更年期障害は女性ホルモンバランスの乱れ等が原因で起こる生理的現象なので、ストレスや体調不良に高い効果を発揮するようです。
また、女性にとってバストアップ効果というのも期待出来き、美白効果も高くお肌にもいいと評判です。

最近では、大豆イソフラボン配合のサプリメントはもちろんのこと、化粧水も多く出ています。
特に、ふんだんに大豆イソフラボンが含まれているという豆乳を使った化粧水は大変人気になっているようです。
また、大豆イソフラボン液というのが市販されていて、グリセリン精製水を混ぜれば、手作りの自然派コスメ化粧水が手軽に出来るそうです。

豆乳を飲むのは苦手でも、化粧水として肌に使用するのには抵抗がないようですね。
ちなみに豆乳化粧水は老舗のお豆腐屋さん商品化しているというのは少し意外ですが、豆乳をうまく活用しているのはさすがのように思います。
また、この化粧水は脱毛効果も高いようですし、実際、無駄毛処理のアフターケアアイテムとして出されている化粧水もあります。
男性用もあって、ヒゲの濃い人に愛用されているようです。いろんな使い道がありますね。
育毛、発毛にもどうやら効くようです。
大豆イソフラボン自体が育毛、発毛効果を発揮するのではなく、カプサイシンを一緒に摂取することにより、効果が出るということなのです。

カプサイシンはご存知のように、唐辛子などに含まれている辛味成分で、血行をよくしたり、代謝を促したりする作用を持っています。
大豆イソフラボンは女性ホルモンに関係した物質ですから、カプサイシンの刺激と、大豆イソフラボンの優しさとの相乗効果で育毛、発毛に効果が期待でき、これらが配合されている商品がよくあります。
実際、育毛効果を実感している人は沢山みえるようです。

豆腐や納豆などの大豆製品はダイエットメニューの定番とも言えますから、健康的に痩せたいと思えば、お世話になる必要があります。

メタボが気になる体系の方は、大豆イソフラボンを考えた食生活をしたほうがいいようですし、男性の癌や心臓病の予防にも効果を発揮するって言われてます。
女性にとっては女性ホルモンを調節しながらダイエットが出来て、さらに美肌効果も期待できますから大切な栄養分でもあるのです。
実際、不妊治療の一環として飲み始めたところ、気が付いたらダイエット効果があったとおっしゃる方も見えたようですし。
ただ、妊娠中、特に初期の段階では過剰摂取はよくないようでので気をつけましょう。

便秘改善の薬について

便秘改善を目的として市販薬を利用している人が最近増えていると聞きます。
CMなどでよく目にする薬の大半は就寝前に服用して朝お通じを感じることが出来るタイプになっているようです。
薬の効果は大変高く、どんなに頑固な便秘でも翌朝にはすっきりとしたお通じに繋がるようです。
しかし、市販薬に頼りすぎたために自力でお通じを感じなくなってしまったという人もおり、薬に頼ってしまうのは大変危険な行為とも考えられます。

便秘改善薬は人によって効き目に差があるようで、かなり辛い腹痛を感じてしまう人もいます。
また、常用することによって薬の量が増えてしまうこともあり、正しい便秘の改善とは言えないようです。
薬の服用はとても辛い時だけという形で、出来れば自然に改善されるよう努力した方が良いでしょう。

便秘改善薬の大半は錠剤になっており、就寝前に服用する事が望ましいのですが、かなり頑固な便秘に悩まされている方は便秘改善薬にはしばしばお世話になっている現状があるようです。

薬に頼りすぎる生活は自ら改善する力を奪っていることになってしましますから、薬の常用は避けた方が良いかもしれません。
あくまでも補助的スタンスとして、適度な運動や正しい食生活などを基本にして改善していくと良いかもしれませんね。
野菜や根菜、海草など食物繊維を豊富に含んだ食材を積極的に取り入れることによって、改善する事が出来るのではないでしょうか。

市販薬も効果的なようですが、漢方薬なども大変効果が高いものです。
自然の成分を生かした漢方薬は体に優しい成分で出来ているために、効果が期待できるようです。
便秘改善に効果的な漢方薬を利用してダイエットに成功したという人もたくさんいるのです。
デトックス効果も期待できる便秘改善は肌荒れや吹き出物を解消し、美肌効果も期待できるます。また、
女性はダイエットや美肌など嬉しい効果をたくさん感じることが出来るのです。
毎日の食生活の見直しや適度な運動、そして上手な便秘改善の薬や漢方利用などによって、頑固な便秘を解消してみると良いでしょう。

便秘改善には食事と運動が効果的

便秘改善は食生活の見直しのほかに適度な運動なども大変重要な役割を担います。

運動不足が原因の便秘も多く、毎日ジョギングやストレッチなど適度な運動をすることが便秘改善につながるのです。

手っ取り早い対応策として市販薬を利用する人も多いようですが、常用していると効き目が薄れてきますし体にもよくないようです。

市販薬などに頼らず自然な形で便秘改善をすることが1番望ましいと思われますから、適度な運動と食生活の改善という基本から始めてみると良いのではないでしょうか。

便意を我慢する事も良くないようで、出来れば毎日決まった時間にトイレに行くなど工夫をしてみるとよいようです。

美肌効果やダイエット効果など女性に嬉しい効果が期待できますから、美しく生まれ変わってみると良いでしょう。

また、毎日少しずつストレッチや散歩などを取り入れることにより、期待できるようです。

効果的なヨガやストレッチなどもあるようなので利用してみると良いかもしれません。

運動の際は水分補給を意識して運動を行うことも便秘改善には大変重要なようです。

単純に健康になるためだけでなく、ダイエット成功にも密接な関係があります。

体の中に溜まった老廃物を出してしまう為にも大変重要な役割を担っているようです。

便秘改善をしただけで劇的にダイエットできたという人や肌が美しくなったという人が周りにもたくさんいます。

吹き出物などの肌トラブルを解消する為にも便秘改善はとても大切と言えるでしょう。

便秘改善がダイエットに繋がる

便秘改善を行って体の中からキレイになっている女性は多いのではないでしょうか。

便秘は体のあちこちに悪影響をもたらす事が多く、改善は美しさへの第一歩です。

便秘改善することによりダイエット効果や美肌効果など色々な嬉しい効果が期待できるようです。

体の中の老廃物を全て出してしまうことは、デトックス効果も高いという話をよく聞きますし。

また、様々な病気の原因なども回避できるかもしれません。

美しくなりたい女性にとって便秘改善は何よりも最優先して取り組む事と言えるでしょう。

そして体の中から美しい女性へと生まれ変わってみると良いかもしれませんね。

便秘改善をする際に1番効果的なのは食生活の改善です。

男性に比べ女性の方が便秘で悩んでいる人が多く、改善したいと思う人はかなりの数に上るのです。

食生活を見直す事が大切で食物繊維を多く含んだ食材を積極的に取り入れると良いです。

食物繊維を多く含んだ食材には女性が大好きな芋類やバナナ、海草類があり、便秘改善に役立ってくれるのです。

また、食物繊維も大変重要ですが、バランスのとれた食生活を心がけることが肝心です。

水分などもたっぷり取るようにすると便秘改善に役立のではないでしょうか。

トイレが近くなるとか言っている場合ではありません。

便秘を改善するためには食生活の見直しを基本として、バランスのとれた食事を心がけると良いでしょう。
このガジェットでエラーが発生しました