ぽっこりお腹の解消方法

ぽっこりお腹とはお腹がぽっこり出てしまうことを言うようですが、人によってお腹の出方は違います。

胃のあたりから下腹部にかけて出ている人もいれば、下腹部だけが出ている人もいます。
せめて下腹部だけでも解消できればワンサイズどころかツーサイズダウンのジーンズも履けるようになります。しかし、一番脂肪が付きやすい下腹部のぽっこりを解消するのに苦労するようですね。

ぽっこりお腹の解消法は様々で、ウォーキングやジョキング、コアリズムやビリーズブートキャンプといったDVDを見ながらの運動、骨盤矯正によるもの、機具を使う方法、食材や食事で行う方法やサプリメントによるもの。また、自身の摂取したカロリーを記録して行うレコーディング方法。

このように現代は飽食、運動不足、ストレス等でぽっこりお腹に悩んでいる方がたいへん多く、長寿社会も何れ崩壊し、短命の時代も来るのではないかと思うほどです。
だから様々なダイエット方法が紹介されるのではないでしょうか。

先ずは原因を探ることから始めることが大切です。
原因が分かってこそご自身に合ったぽっこりお腹の解消方法が見つかるからです。

便秘が原因の人は排泄のメカニズムがうまく働いていない、運動不足、食事、生活習慣の乱れ、ストレスなどがあります。
便意の我慢を続けると直腸の感覚が鈍りますし、運動不足では腹筋が弱くなるため腹圧がかからなくなり、に刺激が加わりにくくなります。
野菜を摂取しない、水をあまり飲まない、朝食をとらない、食事の量が少ない、食事の時間が不規則なども当然便秘となりやすいです。
また、ストレスでは自律神経が乱れるため腸の働きに影響します。

中には便秘が続くと牛乳にきな粉を混ぜて飲む「きな粉牛乳」でスッキリ便秘を改善される方もみえます。また、「寒天」を食べることで瞬く間に便通が改善される方もみえます。
また、漢方で体質を改善し、消化器系を本来の働きに戻すことで便秘を改善する方法もあります。

このように色々な方法を試してみてもなかなか便秘が改善されないのに、ある方法を試した途端に見事便秘が解消されることがあるのです。

ところがようやく便秘が改善したにも関わらず、ポッコリお腹は何となく改善したにも関わらず、ウエスト自体一向にスリムにならないことも多いようです。
その一つに骨盤の歪みや開きが原因で内臓が本来の位置に収まらず、下腹部に下がってしまう場合です。

骨盤の歪みには矯正すれば改善されます。
骨盤を矯正すれば内蔵の位置が元に戻り、ぽっこりお腹の解消だけでなく、スリムなウエストを取り戻すことが可能となります。
また、骨盤の矯正は単にぽっこりお腹や気になるウエスト周りの原因を取り除くだけでなく、腰痛の改善にも効果を発揮します。
忙しい方も時間を見つけて骨盤矯正を行うよう心がけるべきではないでしょうか。
骨盤矯正ができると大変な人気を集めているグッズに、骨盤ウォーカーベルトがあるようです。
骨盤ウォーカーベルトは骨盤部分に巻いて歩くだけで骨盤矯正ができるという優れものです。
使い方が大変簡単ですし、巻いて歩くだけですから、忙しい方でも常に巻いておくだけでぽっこりお腹の解消や気になるウエスト周りのスリム化を図ることができるのではないでしょうか。

エクササイズによってぽっこりお腹を解消することができれば、お腹だけでなく、気になる二の腕や太ももも細くできる可能性も高いと思います。
エクササイズで有名なのはコアリズムで、あるお笑いタレントの方もこれでダイエットに成功しました。コアな部分の筋肉を鍛え、刺激することで太りにくい体質にすることはもちろん、健康的な身体を手に入れることができます。
ただしコアリズム等、エクササイズでぽっこりお腹を改善するには3日や4日では効果は期待できません。むしろ太りにくい体質改善をも目的とした方法は時間を掛けて行うことが重要です。
たとえば椅子に座った状態で上半身を左右に振ることを繰りかす等、日頃から出来ることを心がけましょう。

また、エクササイズと併用しストレッチにより基礎代謝をある程度アップすることができます。そもそも、これまで同じ量の食事をしているにも関わらずぽっこりお腹となった場合は、基礎代謝が低下しているためです。摂取したカロリーに対し、消費するカロリーが多くなっているからです。
関節もほったらかしにしておけば、徐々に加齢に並行し堅くなってきます。ストレッチに時間を掛けることで基礎代謝は活発化します。
忙しく時間の取れない方は、日常の中で、ほんの少しの時間の合間にでも15秒から20秒掛け関節を伸ばし柔らかくすることで、いつの間にか基礎代謝がアップし太りにくい身体へと変化していきます。ぜひ試してみましょう。
このガジェットでエラーが発生しました