脱!下半身太り 美脚への道(タイプ別:筋肉タイプ、ウェッジソール・パンプス)

・ウェッジソール
ヒールの高さがあっても、接地面積が広い為、バランスを取りやすく安定して歩きやすいです。

立ち仕事の方、営業で歩く機会が多い方、小さなお子さんとご一緒の方でエレガントに見せたい方には特にオススメです。パンツにもスカートにも合いますから、出番の多い一点であると思います。
歩き方のポイントは、基本の歩き方同様に行う事が出来ます。ヒールの高さを気にせずに歩く事が出来るオススメシューズです。

送料無料ジャネット&ジャネット (JANET&JANET) ■30%OFF■ウェッジソールミュール(靴) jan-SO947-BLA

送料無料ジャネット&ジャネット (JANET&JANET) ■30%OFF■ウェッジソールミュール(靴) jan-SO947-BEG

・パンプス(ミュール・サンダル含む)での歩き方は、ヒールの高さが高くなればなる程、横のアーチの衝撃が大きくなります。トラブルを防ぐグッズの使用と上半身を引き上げる必要があります。そして、接地面積が小さいヒールは、重心移動に注意して。下半身をしっかりと意識して(下半身を引き締める3つの方法)歩きます。

パンプス(ミュール・サンダル含む)選びのポイント
1.大きいサイズの靴から試す。又、足は左右同じ大きさではないので、必ず両足履いてみましょう。
2.甲の部分がフィットし、かかとは安定している事。歩きやすいヒールの高さは5cm程度です。TPOを考えて選ぶと失敗はしないでしょう。
3.足長(縦の長さ)と足囲(足の一番広い横の部分の長さ)のバランスを考えて選ぶ。 足長>足囲 → 細い靴   足長<足囲 → 広めの靴
4.足指が伸びている事。特に親指が上から押さえつけられていない事   
5.アーチがフィットしてる事
6.歩いてみてくるぶしの部分と踵の部分があたらない事

詳しくは「セレブ脚 14DAYS集中レッスン―元ミス日本が明かす上質美人の秘密」
このガジェットでエラーが発生しました